『契約不適合責任』ってなに?民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり制定された「契約不適合責任」を解説します!

『契約不適合責任』ってなに?民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり制定された「契約不適合責任」を解説します!
家を売る
これまで「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」と呼ばれていたものが、少し適用範囲を広げて「契約不適合責任(けいやくふてきごうせきにん)」となりました。まだ馴染みのない方が多いのではないでしょうか?
今回はそんな契約不適合責任について解説していきます。

 
【目次】
  1. 契約不適合責任とは
  2. 瑕疵担保責任と契約不適合責任の違いは?​
  3. 契約不適合責任で買主が売主に請求できる権利
  4. 終わりに

契約不適合責任とは

『契約不適合責任』ってなに?民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり制定された「契約不適合責任」を解説します!
売主や請負人は、売買契約や請負契約の内容に適した目的物を買主や注文者などの相手に引き渡す義務を負っています。契約不適合責任とはこの売買契約や請負契約の履行において、引き渡された売買の目的物、すなわち商品の品質や数量、種類に関して内容に適合しない場合に売主・請負人が買主・注文者に対して負うことになる責任のことです。
具体的には売買した商品に品質の不良があった場合・売買した土地や建物に不具合があった場合・工事の契約で内容に不備があった場合などの場面で問題になることがあります。
 
2020 年4月1日に民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり「契約不適合責任」が制定されました。以下ではこの瑕疵担保責任と契約不適合責任の違いについて見ていきます。

瑕疵担保責任と契約不適合責任の違いは?

『契約不適合責任』ってなに?民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり制定された「契約不適合責任」を解説します!
瑕疵担保責任の瑕疵とはキズや不具合という意味がある言葉ですが、瑕疵という言葉は使われなくなり、「契約の内容に適合しないもの」という文言が使われるようになりました。
内容に関しては、売主の責任範囲が今までより広くなり、買主が売主に行使できる権利が増えました。これにより、法的性質や適用範囲、買主が請求できる権利、損害賠償請求などについて「瑕疵担保責任」と「契約不適合責任」の違いが見られます。

次は具体的にどのような権利があるのか見ていきます。

契約不適合責任で買主が売主に請求できる権利

『契約不適合責任』ってなに?民法改正によって「瑕疵担保責任」に変わり制定された「契約不適合責任」を解説します!
契約不適合責任の買主から売主に請求できる権利は4つあります。

1.追完請求
購入した不動産が契約内容と適合しない時に修繕や不足分の引き渡しを求めることができます。

2.代金減額請求
買主が売主に対して十分な期間を定めて追完請求を行ったにも関わらず対応してもらえない時に代金の減額を請求できます。はじめは追完請求を行い、対応されない場合に代金減額請求を行う手順になります。

3.損害賠償請求
目的物が契約の内容に適合しない物件を購入した買主は、売主に対して損害賠償請求をすることができます。ここは、改正前の瑕疵担保責任と変わりません。
契約不適合責任においては売主に帰責事由(責められるべき理由や落ち度、ここでは売主の故意や過失のこと)が必要になりました。※

4.契約解除
対応に十分な期間を定めたにも関わらず売主が追完請求に対応してくれない場合は契約解除が認められます。

※損害賠償義務以外については、売主は自己に帰責事由がなくても責任を負います。

終わりに

いかがでしたか?
買主側には請求範囲が広がって安心できる一方で、売主側には現状をより詳しく把握して契約書に記載するなど対応が求められます。住んでいても構造に関する部分は簡単に把握できるものでもありませんので、「インスペクション(建物状況調査)」を活用することをおススメします。

不動産売買を検討される方は、インスペクションも含めて信頼できる不動産会社に相談して安心して購入・売却の活動をしてください。また、「素敵なお家を買いたい人」、「上手にお家を売りたい人」や「リノベーションで希望の住まいを実現したい人」に向けたお得でおすすめのサービスをご用意しておりますのでぜひ参考にしてください。

素敵なお家を買いたい人へ
一生に一度のお家の購入、希望に合うお家をなるべく良い条件で見つけたいですよね。ネットで毎日探すのも大変だし、不動産屋に相談しても信用してよいか不安、って人も多いと思います。
そんな人に向けて理想的な物件探しサービスを始めました。人の手を介さず、膨大なデータベースから自動的にあなたの希望の物件を毎日紹介してくれます。
詳しくはこちら>>>「手間なく良い物件が見つかる」そんな理想的な物件探しの方法を紹介します

上手にお家を売りたい人へ
ご自宅の売却、ほとんどの人にとって初めての経験です。売却することになって初めて気づきます。「早く高く売るためにはどうしたらよいのだろう?」
そんな疑問に答える販売方法を紹介します。
詳しくはこちら>>>「自宅を早く高く売却する」そんな理想的なご自宅の販売方法を紹介します

リノベーションで希望の住まいを実現したい人へ
リノベーションで希望の住まいを実現したい人におすすめの方法があります。それは、「中古を買ってリノベーションする」方法です。「価格」も「立地」も「内装」も妥協しない、さらにリノベ不動産ならワンストップで手間もかかりません。
詳しく知りたい人はこちらより資料請求してください。


 
WORKS MORE