『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!

『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!
家を売る
どこにも接していない土地は存在せず、あなたの土地も誰かの土地に接しているでしょう。それはお隣さんの土地だったり、自治体の道路だったり、所有者はその土地ごとに様々です。そのため、土地を売買する場合など、接する土地の所有者間で境界に合意し、権利を明確にする必要があります。
今回はそんな権利を明確化する手続きである「境界確定」について解説します。 

 
【目次】
  1. 境界確定とは
  2. 境界確定図とは​
  3. 境界確定の流れ
  4. 境界確定を行う理由
  5. 終わりに

境界確定とは

『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!
境界確定とは土地と土地の境界を確定することです。塀や柵がある場合など土地の境界がわかりやすい場合もありますが、何もない空き地のような土地の場合にはどの部分を誰が所有しているのかわかりづらいです。土地を売買する場合このように曖昧な状況では隣地の所有者と揉めるだけでなく、敬遠されて買い手もなかなか見つかりません。
そんな事態を避けるためにも土地を売買する場合は境界確定を行うことが一般的です。

境界確定図とは

『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!
測量を行い正しい境界を記載した図面のことを境界確定図といいます。このように土地の境界をはっきりさせるための測量のことを境界確定測量といいます。隣との境界をはっきりさせたいという場合はもちろん、境界標を設置したい場合や土地の正しい面積が知りたい場合、また登記簿の面積や公図の形を正しいものに直したいといった場合に境界確定図を作成することが多いです。境界標は確定測量によって確定された土地の境界点に印として設置されるものです。境界点は矢印の先や線の交差する点で表されます。

境界確定の流れ

『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!
境界確定をする場合、まず土地に面している隣地の所有者の立ち合いのもと土地家屋調査士が境界の確認を行います。
土地家屋調査士は不動産登記に関わる測量の専門家です。管轄する法務局や不動産会社などで紹介してもらえます。もちろん弊社でも紹介していますのでお気軽にご相談ください。

土地の権利書や固定資産税関係書類など必要な資料を揃えておきましょう。境界を確認した後、当事者間で境界確認書を作成して署名捺印をすることで境界確認書に記載された境界が認められます。トラブルを避けるためにも売買が行われる度に境界確定を行う方が良いでしょう。

一般的に確定測量の期間は土地家屋調査士に測量依頼してから確定測量図の完成まで2~3か月程度かかります。また、費用感は100㎡以下の広さで、官民立ち合いが不要な場合は35万円~45万円、立ち合いが必要な場合は60万円~80万円程度が目安になります。

境界確定を行う理由

『境界確定』ってなに?土地売るときに重要な境界確定について解説します!
境界確定は法律で必ずしなければならないと定められているものではありません。しかし境界が確定していないと、土地を売却するときや建物を建てるとき、分筆する(土地を分ける)ときなどに隣地の所有者とトラブルになる可能性があります。
不動産売買は大きなお金が動くこともあり、慣習上取引をする際には必ず境界確定が行われています。

終わりに

安心して土地の売買をするためにも境界確定を行って境界をはっきりさせておきましょう。
そして、気持ちの良い取引ができるよう慎重に、しっかりと知識をつけて手続きを行うようにしましょう。

上手にお家を売りたい人へ
ご自宅の売却、ほとんどの人にとって初めての経験です。売却することになって初めて気づきます。「早く高く売るためにはどうしたらよいのだろう?」
そんな疑問に答える販売方法を紹介します。
詳しくはこちら>>>「自宅を早く高く売却する」そんな理想的なご自宅の販売方法を紹介します
 
WORKS MORE